肌の保湿を考える

お肌について

保湿って?

お肌の状態の良し悪しは、ダイレクトにあなたの健康状態を反映します。個人の生活習慣に起因するものとしては、不規則な生活、寝不足、心理的なストレス、極端なダイエットによる栄養不足、油モノばかり食べるなどの偏った食事が、お肌に対して悪影響を与えます。

さらに加齢による肌の老化は、避けようがありません。新陳代謝や保水力が低下することで、しわやたるみ、くすみ、シミなどの、肌トラブルを引き起こします。他にもエアコンによる乾燥、紫外線、季節の移り変わりに伴う湿度や気温の変化など、外部から受ける影響からもそう簡単には逃れられません。

けれども、お肌は本来、自ら元に戻ろうとする力をもっています。少々の外的ストレスも跳ね返せる力をもっているのです。多少お肌が乾燥したとしても、洗顔してしばらくすれば、またじんわりと潤いが戻ってくるものです。特に、お肌に水分も皮脂も十分分泌される若い方は、保湿ケアにこだわりや関心が薄いかもしれません。

でも年齢を重ねたお肌は、すぐに潤いを取り戻せません。またお肌が乾燥しガサガサになっていた場合、ケアをしないまま放置してしまうと見る見るうちに乾燥が進んでしまいます。皮膚に強いかゆみや痛みが出てしまうと簡単には改善しませんし、最終的に皮膚科を受診して、適切な治療を受けることになるかもしれません。

ですからあなたのお肌が、加齢や、外的・内的ストレスによって疲れていたり乾燥しているのなら、お肌に必要な水分を補給し、さらにその潤いをしっかり閉じ込める保湿ケアが大事になります。また普通肌であっても冬になると肌がかさつくことがあります。湿度の高い季節は比較的調子がよくても、空気の乾燥する冬は肌トラブルが現れることもあります。気温や湿度は日々変化しますので、年間を通した保湿ケアが必要です。

健康なお肌は水分量と皮脂量のバランスがとれており、うるおいが保たれています。さらに新陳代謝がスムーズなので、シミやそばかすの元凶になるメラニン色素もすぐに排出してくれます。つまり、ハリとつやがあってくすみのない美しいお肌でいることは、健康であることの証拠なのです。肌に潤いを閉じ込める保湿ケアで肌本来がもつ力を引き出し、美肌を手に入れましょう。